社員を知る/先輩司法書士の声

[写真] 釘﨑 貴弘
釘﨑 貴弘 - 経歴

入所:14年目
資格:宅地建物取引主任者(未登録)
経歴:中央大学法学部法律学科卒業
趣味:テニス

Q1.現在の業務内容

主に不動産会社や金融機関からの依頼で不動産の名義変更手続や融資に伴う担保設定の手続きを担当しています。
数百万円から時には数億円の経済取引に係わる仕事ですので、大変緊張もしますが、その分充実した仕事といえます。

Q2.仕事の醍醐味

登記の仕事を通じて多くの方と出会えることです。そして出会った依頼者の方から「ありがとう」という感謝の言葉を頂くことが、最大の報酬であり仕事の醍醐味です。そのために、プロフェッションとしての研鑽を日々行い、昨日よりも今日、今日より明日、というように進歩していく事を常に心がけています。

Q3. これから就職活動

一番大事にしたいのは、なぜ自分は司法書士を目指したのか、という点だと思います。この原点とも言うべき思いは、今後仕事で困難に出会った時、必ずや自分自身を救ってくれます。そしてこの原点を実現できる事務所かどうかが、就職活動を行う上での事務所選定の最大のポイントではないでしょうか。

[写真] 平岡 由紀子
平岡 由紀子 - 経歴

入所:6年目
経歴:お茶の水女子大学卒業
趣味:散歩、ピアノ

Q1.現在の業務内容

主に相続に関係した業務をしています。具体的には、相続登記の申請や相続放棄の申立ての書類作成、相続に関する相談業務などです。
所属するチームの業務に限らず、商業登記や不動産の決済の立会など、幅広い業務に携わらせていただいています。

Q2.仕事の醍醐味、やりがい

依頼者の方の人生の転機に立ち会えることです。
相続ではもちろんのこと、マイホームの購入や会社の設立など、私たちの仕事は依頼者の方の人生の大切な節目に関わるのものです。それだけに、依頼される方の不安や戸惑いも大きいと思いますが、そんな時に、ほっと安心できたり、喜んでもらえるような仕事ができたときにはこちらも嬉しい気持ちになります。

Q3.就職活動中の方へのメッセージ

私が就職活動をしていた時に、先輩方にアドバイスされて心に残っている言葉が二つあります。
「まな板の上の鯉になれ」「最後に選ぶのは自分だ」
私もそうでしたが、就職活動となると、「会社に選んでほしい」という思いから、自分をよく見せようとしてしまいがちです。しかし、どんなに取繕っても自分はごまかせないので、「まな板の上の鯉」のように、慌てずに潔く自分をさらけ出して、会社があなたを選ぶのではなく、「自分の職場を最終的に選ぶのは自分だ」という気持ちで、就職活動中の人と人との出会いを大切にしながら頑張ってください。

お問合せはこちらまで