不動産登記について/基本情報

不動産登記とは

不動産登記は文字どおり「不動産」という重要な財産の物理的現況や権利関係を公示するものであり、不動産登記法上、厳格な手続きが要求されています。不動産登記制度は、わたしたちの大切な財産である土地や建物の所在・面積のほか、所有者の住所・氏名などを公の帳簿(登記簿)に記載し、これを一般公開することにより、権利関係を公示し、取引の安全と円滑をはかる役割を果たしています。登記簿は法務局が管理しており、現在はコンピュータ化され、登記記録と呼ばれています。
登記記録の証明書、いわゆる登記事項証明書は、表題部・甲区・乙区と3部構成になっており、表題部に土地や建物の所在・面積などの物理的現況が、甲区には所有権に関する事項が乙区には所有権以外の権利(抵当権、根抵当権など)について記録されています。
表題部についての登記申請(土地分筆・合筆・建物新築表題・増築)を代理するのが土地家屋調査士であり、甲区・乙区の権利に関する登記(所有権移転・抵当権設定)申請を代理するのが司法書士です。