スタッフStaff

司法書士 小野絵里


コメント 誠実な対応と学びの姿勢を持って依頼者に貢献していきたいと思います。
経歴 2002年  司法書士試験合格
2003年  九州大学法学部卒業
2004年  簡裁訴訟代理等関係業務認定
司法書士事務所、事業会社法務部(法務・IR担当)、法律事務所パラリーガルを経て
2008年  プラス事務所入所
2016年  行政書士試験合格
2018年より日本司法書士会連合会動産・債権譲渡登記推進委員会委員(現職)
2019年より全国司法書士法人連絡協議会理事(現職)
保有資格 司法書士、行政書士
主な取扱い分野 不動産登記、商業・法人登記、動産・債権譲渡登記等の登記業務全
般。組織再編・事業再生・事業承継・M&A・ファイナンス等
趣味 読書・音楽鑑賞
著書 「論点解説 商業登記法コンメンタール」(金融財政事情研究会、共著)
寄稿 ビジネス法務(2020年7月号)
「【連載】株式会社以外のビークルの実務 第4回 一般財団法人」

月刊登記情報No.702(2020年5月号)
「座談会 動産・債権譲渡登記の課題と展望 ~担保法制の見直しに臨んで」

ビジネス法務(2019年7月号)
「【連載】登記実務の基本 最終回 動産・債権譲渡 登記」

月刊登記情報No.689(2019年4月号)
「動産・債権譲渡登記の未来」研究報告 ① 動産譲渡登記制度の特徴と展望

月刊登記情報675号(2018年2月号)
「実務に活かす 判例登記法第11回 工場抵当法第3条目録の記載の効力(最一小判平6・7・14)」

月間登記情報661号(2016年12月号)
「動産担保の選択肢~自動車を題材に~」

市民と法93号(2015年6月号)
「工業・その他産業と担保権設定」(共著)

月刊登記情報632号(2014年7月号)
「工場抵当の効力の及ぶ範囲~太陽光発電事業担保をモチーフに~」(共著)

月刊登記情報623号(2013年10月号)
「実務の現場から(売掛債権の保全と動産譲渡登記)」

月刊登記情報621号(2013年8月号)
「太陽光発電事業と登記実務~担保を中心として~」(共著)

月刊登記情報616号(2013年3月号)
「司法書士と中小企業支援~財産管理業務の展望と課題」(共著)

月刊登記情報616号(2013年3月号)
「【ダイジェスト版】商業登記法コンメンタール(3)」

月刊登記情報603号(2012年2月号)登記実務からの考察
「株式譲渡と株券の交付」

ビジネスロー・ジャーナル 2011年8月号
非上場会社法実務NAVI『初めての決算公告』
戻る